トップ / 医師に触れるキホン情報

医師は本当に多忙?

医師に触れるキホン情報

多忙を楽しめる医師は患者や同僚に貢献する

医師が多忙をきわめて帰る時間が遅くなっても、心の底から状況を楽しんでいれば知らない間に周囲を楽にさせる結果につながります。病気が治らないと日常生活が楽にならない患者がいたときは、全身全霊をかけて治療を開始します。その結果として多忙な医師と言ってもいいぐらいの存在になっても、患者が元気になって喜びの感情を示せば誰も疲れません。患者からしてみれば、楽しそうに仕事をしている人を見ながら病気に立ち向かうことによって元気を得られます。また、同僚などが余暇を充実させるための貢献に直結しているとも考えることが可能です。多忙で仕方がない医師が現状を肯定的に受け止めて多種多様な活動に取り組めれば、後ろめたさを感じることなく休息を堪能できます。結果として施設内部の環境が良好になって誰もが健全な精神を持ちながら業務に取り組めますから、正しい判断を連続的に下せるようになって医療行為の確実性を増すことが可能になります。

医師って本当に多忙?

一般に医師は多忙と言われていますが、勤務医ほど忙しいです。医師が忙しいのはいくつか理由があります。一つは「当直」があるためです。朝仕事に行きそのまま夜病院に泊まり、翌朝帰宅するという勤務や、「待機」といって非番の日に呼び出されたり、夜に患者さんの急変のために病院に急に呼ばれることもあります。そのほかに「学会」があり県外まで出張がある場合があります。診療科目によっても多少多忙度は変わってきます。外科や産婦人科医などは緊急手術がはいり、長時間のオペになることもしばしばです。そのほか担当の患者さんの容態が悪ければ、休みを返上して病院に長時間いることもあります。外来、病棟、手術、患者さんや家族へのカンファレンス、書類を書いたり、論文を作成したりやることは山ほどあります。そのほか、大学病院なら学生相手に指導をしたり、常に新しい研究や研鑽を続けていかなくてはなりません。一方、開業医は一般に9時から5時と勤務時間が決まっているので、勤務医ほどではないといえます。

↑PAGE TOP