トップ / 医師の難易度はとても高い

医師の難易度はどの位

医師の難易度はとても高い

医師になるための難易度

医師を目指す方が受験する医学部系の偏差値は、国公立で70~80以上、私大で65~75位となっており、相当な高さとなっています。地方の医学部だともう少し下がるかもしれませんが、それにしても難易度が高いことには間違いありません。受験の準備やテクニックを身につけるため、独学で勉強するよりも予備校に通うのも一つの方法ではないでしょうか。医師になる少ないチャンスを確実にものにするために、難易度を乗り越え悔いが残らないよう出来る可能性は全てやってから受験するようにしましょう。

医師になる難易度とは

医者になるためには、医師国家試験に合格する必要があります。この試験は合格率が非常に高く、受験者の9割以上が合格するケースもあるほどです。だからと言って、医者になる難易度が低いというわけではありません。というのも、医師国家試験は基本的に医学部で6年以上医学を勉強した人でないと受験資格が得られません。そして、医学部はどこも難易度が高く、入学するのは容易ではありませんし、入学した後も猛勉強が必要になります。

↑PAGE TOP