トップ / 医師の研修は大切なこと

医師の研修の重要性

医師の研修は大切なこと

医師の研修期間について

他の職業と異なり医師は国家資格を取得してから一定期間、研修医を受ける必要があります。この期間はドクターとして一人前になるための勉強期間だといえます。このような準備期間は病院によっても異なりますが3年~7年ほど用意されています。通常一般企業であれば期間は長くても1年であり、社会人になりすぐに1人立ちをしなければいけない企業も多くあります。そのような中で独り立ちするまでの研修期間が何年にも渡って用意されている仕事はとてもイレギュラーで、それだけ医師は勉強をする機会が十分に用意されている職業だといえます。

医師の研修はなんのためにあるか

どんな仕事も最初から一人前になれるわけではありません。しかし、医師の仕事は人の命を扱う仕事ですから失敗があってはいきません。そこで最も大切なのが研修制度です。医師を志す者にとって研修期間というのは修行の期間でもあり、大変な苦労を伴うものでもありますが、この間にしっかりと学ぶべきことを網羅しておかなければ、後々取り返しのつかないことになってしまいます。医療ミスや医療事故を防ぐためにも、この制度の充実が望まれます。

↑PAGE TOP