トップ / 医師は上司との関係が重要

医師の上司との関係

医師は上司との関係が重要

医師における上司との良好な関係

医師にとって上司との関係性は、他の職業と比較しても非常に重要であり、チームで医療を行うに当たってはよい関係性が必要不可欠です。上司の医師と飲みに行った場でのコミュニケーションももちろん必要ですが、普段から尊敬する気持ちを表現し、自らの勤勉さや向上心をアピールすることで、一目置いてもらうことがその後の円滑なコミュニケーションに役立ちます。患者さんのためにもなるので、かかわり方がとても大切な要因となるのです。

医師が上司との人間関係を修復

医師が上司との人間関係を修復すると、仕事をしやすくなる、同僚達が笑顔になるなどのメリットが期待できます。仲が悪かった時は心が乱れてしまうことから、患者への診察にも影響が出てしまいます。そのため、医師の悩みが無事に解決すると、適切な診察をしやすいと感じるようになります。また、上司との人間関係が修復されれば、同僚達も居心地がよくなり笑顔を見せるようになります。デメリットは院長に怒られることです。ただ、怒っているのは職場の雰囲気を良くしようと考えてのことなので、憎くて叱っているわけではないため安心していいです。

↑PAGE TOP