トップ / 医師の知るべき情報とは

医師になるための努力

医師の知るべき情報とは

医師免許を取得するには

医師免許を取得するには、どのような大学に入るべきなのでしょうか。これは当然ながら、医学部に入学し、しっかりと6年間の間、医学について学んだ後に、国家試験を受けて医師になることが出来ます。上記のように医学部に入学し、卒業をしないと、そもそも医師国家試験を受験することすらできません。そのため、看護学部にいながら、お医者さんになりたいからといった理由で、国家試験を受けたくても、当然ながら免許をもらうこともできませんし、そもそも上記のように、受験資格がないため受験が出来ないことになっています。このように医学部に入学するためには、幼少からしっかりと学んでいることがとても大事であり、ほとんどの学生さんが、医学部に入学できる方々は、その都道府県のトップクラスの進学校に進んでいるため、中学校の段階で、ほぼ将来が決まっているといっても過言ではありません。なぜならば、トップクラスの進学校でしか習うことが出来ない授業科目が試験にも出るからです。

医師免許はどのようにして取得するか

医者ときくと、高収入があるとか名声を手に入れるということに目がいきがちですが、医者になるためには、かなりの努力と運の良さを兼ね備えないとなれません。そもそも医師になるには大学の医学部に入学をして6年間の勉強の後に国家試験に合格した人が医師免許をもらえることになりますが、そもそも医学部にはいっていくいとがかなりの難関ということになります。医学部にはいっていくためには国立大学にいくのと、私立大学にはいっていく方法の2つがあります。国立の場合はセンター試験をうけて約90%の正答率がないと2次試験でも合格にはなかなか至りません。では私立のほうが簡単かというとそうはいえないのです。私立は難易度も高いですが、倍率もかなり高いです。高い倍率をかいくぐった人が合格ということになります。ようやく大学にはいったら少しは楽ができるかといえばそうではないです。実習もあるし試験もかなり多いです。そうして6年間の努力のあとに国家試験に合格した人が医師免許をうけとれるのです。

↑PAGE TOP