トップ / 医師の裏話の影響とは

医師についての裏話

医師の裏話の影響とは

医師志望者が裏話を聞く事も

医師の世界にも裏話が存在しており、真剣な顔つきで語る人物が与える影響は大きいです。将来的に医療行為に携わりたい気持ちを持ち続けて精進している人物によっては、自身の今後を考えて他の道を歩む可能性があります。しかしながら、心の底から目標達成したい場合には効力を生じません。むしろ医師には裏話がつきものであると心得ているために、あまり真剣に聞かないことさえあります。気持ちが揺らぐことなく歩み続けた人物が、今日の医療現場を支えています。

医師の裏話で有名な注射の事実

意外と知られていない医師の裏話ですが、中には患者さんに注射をすることはできても、自分自身は注射をされるのが大嫌い、というケースが少なくありません。先輩から「注射したほうがいいよ」と言われると、「いやや、いやや! そんなもの必要ない」とまるで小児科の子どものように逃げまくる医師もいます。先輩に首根っこを掴まれて点滴などされると、半泣き状態になっています。患者さんには「治るためでしょ」などと言っていますが、実はお医者さんは、痛がりで怖がりが多いというのは良く聞く裏話です。

↑PAGE TOP