トップ / 医師として相応しい服装

医師と服装の関係

医師として相応しい服装

医師は状況しだいで服装を変更

医師が服装を選択するときに最も気を遣っている点は、菌の繁殖を防ぐことができることです。院内には免疫力に差がある患者が大勢いるので、いつも考慮に入れておかなければなりません。その他には、患者の年代に応じて着用するものを臨機応変に選ぶことです。医師として相応しいと誰もが感じる服装であれば、各々の考え方が尊重されている医療施設は数多くあります。清潔感に溢れていてなおかつ医療行為に取り組みやすければ、何でも許されます。

医師の服装についての注意

ドラマでは白衣の下はミニスカートなどといった医師が登場しますが、実際にはありえない病院がほとんどです。白衣の前ボタンはきちんと閉めるようにと、言われます。白衣の下が私服だと、通勤中にPM2.5や花粉が服についている可能性があります。白衣の前を開けていては、それらをまき散らしているようなものです。また、患者さんに不快感を持たれるような服装をしていると厳しく叱られます。シワシワの白衣も厳しく指導されます。医師が不快感を与えるような服装や身だしなみだと、患者さんとの信頼関係にも影響するからです。

↑PAGE TOP