トップ / 医師について知る大切さ

医師とうつ病の関係

医師について知る大切さ

うつ病になった時の医師の探し方です。

自分か近くの方がうつ病になってしまった、かもしれないと思った時は精神科に行きましょう。心療内科でも軽いうつ病なら診てもらえますが、重度になると精神科を紹介されます。医師の選び方は出来るだけ近くを選んだ方がいいです。外出をつらいと思っていることが多く、遠いと医師が良くても億劫になってしまい結局通えないこともあります。それと、すぐに自分に合う医師に会うまで頻繁に変えるのを繰り返すのも辞めた方がいいです。とはいえ行き当たりばったりで選ぶのは嫌だという方も多いと思います。そんなときには市町村の相談窓口で病院を相談してもらうこともできます。その中で自宅から近いものを選んだ方がいいでしょう。うつ病はどうしても治療に時間がかかります。無理をしない程度にですが、出来るだけ同じところで続けた方が治りやすいです。主治医を信頼し、治療を安心して任せるのが重要になります。この病気は本人が気づかないこともあり、放っておくと悪化してしまうこともあるので、兆候が見られたら一度相談してみることをおすすめします。

医師のうつ病が増えている理由

今日では、病気を診察する側の医師がうつ病になってしまうというケースが増えています。その理由の中には、肉体的負担と精神的負担が多いというものがあります。肉体的負担は夜勤がある医療機関で感じることが多く、それは夜勤の前後でも出勤をしていることがあるからです。連続して勤務をしていると、いくら医師といえでも人間ですのでさすがに参ってしまいます。体のために休める職場であればよいのですが、そう簡単には休めないところが多いというのが現状です。また、精神的負担は訴訟が起きる数が増えていて、その訴訟の対応にも負担がかかってしまうからです。訴訟にならないように必要以上に慎重になるということも、負担になる要因のひとつです。そういった負担が医師を苦しめていて、いつの間にかうつ病にまでに発展しているのです。体を休める時間が取れなかったり、治療に真剣に向き合っていても訴訟が起きてしまうようではたまったものではありません。ですから、それらの対応策を講じることが望まれているのです。

↑PAGE TOP