トップ / 医師が調剤薬局に頼むわけ

医師が出す調剤は

医師が調剤薬局に頼むわけ

医師と調剤薬局について

これまでは医師の診察後すぐにその医療機関で薬を処方してもらう事が出来ました。しかし、昨今の医薬分業の風潮が強まり、院外の調剤薬局で薬をもらうように指示を出すケースが増えています。雇用の面からは利点の多い制度ですが、患者が調剤薬局まで薬をもらいにいかなければならず非常に煩雑であるという課題を抱えています。医師と双方が連携しながら患者の健康のために業務を行っているのでマイナスの要因ばかりではないです。

薬剤師の不在で医師のみが調剤

基本的には薬剤師でないと調剤はしていけませんが、例外的に医師は自分が処方したものに関しては自分で調剤をする事が可能です。薬剤師が不在の場合であっても薬剤の交付が可能になります。薬剤師が不在の時間帯・薬剤師が不在の場合には、必ず処方した医師が薬を棚から出し、薬袋に入れて、交付を行う必要があり、どんなに忙しい場面でも、指示や目の前で見ていても、薬のピッキングだけであっても事務員や看護師が行う事は禁止されています。

↑PAGE TOP